menu

お客様サービスセンター
042-397-5111
宅配水(クリクラ)
0120-011-676

ガスプロパンガス

便利で快適な生活エネルギー

毎日の「お料理」、疲れを癒すあったか「お風呂」、寒い冬には欠かせない「暖房」など、便利で快適な生活を支えるガスエネルギー。中でもプロパンガスは「便利」「快適」「安全」「安心」の生活にうれしい特長をもち、災害時にも強く頼れるエネルギーとして改めて注目を集めています。
プロパンガスは国内全世帯の約半数(約2500万世帯)で利用されており、地域に欠かすことのできないエネルギーインフラとして、早くから家庭用エネルギーとして利用されています。

お客様に喜ばれる4つのメリット

都市ガスを超える、火力の強さ。

プロパンガスと都市ガスの発熱量を比較すると、プロパンガス⇒24,000kcal/m3、都市ガス⇒11,000kcal/m3となります。約2.18倍ほどプロパンガスの方が都市ガスより発熱量が優れていると言えます。つまり、同じ体積で約2倍以上多くのものを温めることができるので、これもプロパンが都市ガスに比べて運搬に適している理由になります。

環境だけでなく、人体にも害がありません。

プロパンガスの主成分であるプロパン・ブタンは体に害がありません。また、ガス会社がガスボンベに不純物がふくまれているかどうかチェックしているので、硫化物や“すす” などの有害物質もほとんど含んでいません。燃焼後も少量の二酸化炭素と水になるだけで有毒な物質を発生しないため、環境にもやさしいエネルギーということができますねとはいえ、不完全燃焼した場合は一酸化炭素が発生する場合がありますので適切なガス器具と換気が大切です。

災害時の復旧が早い!

プロパンガスは、都市ガスと比べ施工が簡単で、リスクを小さく抑えたガス体エネルギーといえます。災害発生時は「使っているその場」で管理でき、避難場所でも容易に使用を開始できるだけでなく、ご家庭で損壊を受けた設備も迅速に復旧できます。

出典:経済産業省
「東日本大震災を踏まえた今後のプロパンガス安定供給の在り方に関する調査」(平成24年2月)

初期導入費用「0 円」

都市ガスの場合、ガスを供給するガス導管が配管されていない場合だと、条件によっては工事費用が何十万円も掛かってしまうことがあり、機器の設置費用や初期費用はすべて契約者の負担となります。 それに対してプロパンガスの場合は、初期導入費用0円でというケースが多くあります。

プロパンガスの料金

標準的なガス料金

プロパンガス料金計算方法

(基本料金+従量料金)× 消費税(10%)=毎月ご請求額
  • ※お客様とのご契約により「設備利用料」が計上されている場合がございます。
基本料金 従量料金
1500円 0~20m3 660円
20.1~40m3 590円
  • ※この価格は令和3年1月現在です。
  • ※改定する場合は毎月の検針票、お知らせ等で個別にお知らせいたします。
  • ※消費税は別途となります。

基本料金、従量料金、消費設備利用料

プロパンガス料金は【基本料金】+【従量料金】+【消費税】=【毎月請求額】となっています。

基本料金には、プロパンガスを供給するために最低限必要なさまざまな設備、業務が必要となりますが、それを月ぎめで定額お支払いいただくものです。これはガスを使わなくても発生するために基本料金と呼びます。

従量料金とは、お客様のプロパンガス使用量(m3数)によって算出され、ご請求される金額です。
m3単価(円)×ご使用m3数で従量料金算出金額となります。

消費設備利用料(平成16年12月より開始した新しい契約を締結されたお客様対象)
お客様宅に設置した、「LPガス消費設備」をお客様が貸借している場合に発生する費用です。消費設備をお客様が御購入された場合には発生いたしません。

困ったときは